無料体験はこちらから
メルマガ登録で現在発売中の電子書籍
のPDF版を期間限定でプレゼント中!

メールアドレス 

ロボット、AIが奪う職業はもっと少ない?

(OECDより引用)

こちらのキンドルでも言ってますが、

ロボット、AI化で消える職業が約半分

とお伝えしています。
電子書籍でも同じことを言ってます。

今日の日経新聞電子版で、最先端の報告書が
経済協力開発機構(OECD)というところで

発表されまして、、
AIが奪う仕事はもっと少ないらしいです。

実は約半分がロボットになると言っているのが
イギリス オックスフォード大学のオズボーン先生で、

アメリカの職業の約47%がロボット

と言っているのですが、

経済協力開発機構(OECD)の調査によると
ロボット化は約14%

だそうです。

うーん、

ですよね。

だって、研究者によって予測した結果が
ここまで変わるなんて、、

ロボット化になる率が

47%でも

14%でも

自分たちの職業がロボットに
なっていくことは

避けられないのでは、、

と自分は思っていて

どうやってロボットを使いこなすかを
考えることの方が

自分たちのためになるのでは
思うところです。

いずれにせよ、

これからはプログラミング技術を
習得しておかないと

生き残れない社会になって

その中で自分たちは
生活をしていくことになるんですね。。

PS
電子書籍のPDF版もあるんです。
知ってましたか?

メルマガ読者の方には特典として
PDF版を差し上げております。

コメント

コメント